Redwing

シュークリームでお手入れする革

ドレスシューズのような艶をもつレザーに、
ワークブーツ用レザーと同じ手入れをするとその独特の輝きは失われてしまう。
ミンクオイル等の保革オイルの使用がその原因となるので、
保革と艶出し効果のあるシュークリームを使用する。

  1. 1

    シューレース等の付属品を取り外し、全体のホコリや汚れをブラシで払い取る。アイレットの下やウエルト部などの細部に詰まった汚れもしっかりとブラッシングで払いとる。

    step1
  2. 2

    水分を含ませた布でブーツ全体の汚れを拭き取り、日陰で乾燥させる。※リキッドクリーナーは革の寿命を縮めます。普段は水洗いのみで済ませ、酷い汚れがある場合にのみリキッドクリーナーを使用する。

    step2
  3. 3

    シュークリームをきれいな柔らかい布で全体的に伸ばしながら塗り込んでいく。色が薄くなっている箇所は市販の補色剤を塗り込んだ後にシュークリームでならすようにする。

    step3
  4. 4

    シュークリームが乾燥しないうちにブラシでしっかりとブラッシング。細かいところに入り込んだシュークリームは柔らかい布で取り除く。

    step4

保革オイルでお手入れする革

オイルをふんだんに含んだレザーは、水に強い反面、オイル分に落ちにくい汚れが付着しやすいのが特徴。
また、オイルが抜けてしまうと表面が乾燥して色落ちやシミの原因になることもある。
定期的にオイルを補給していくことで、レザーの劣化を防ぎ、しなやかさを維持することができる。

  1. 1

    シューレース等の付属品を取り外し、全体のホコリや汚れをブラシで払い取る。アイレットの下やウエルト部などの細部に詰まった汚れもしっかりとブラッシングで払いとる。

    step1
  2. 2

    水分を含ませた布でブーツ全体の汚れを拭き取り、日陰で乾燥させる。※リキッドクリーナーは革の寿命を縮めます。普段は水洗いのみで済ませ、酷い汚れがある場合にのみ市販のリキッドクリーナーを使用する。

    step2
  3. 3

    保革オイルを布にとりブーツ全体に塗り込んでオイル分を補給する。

    step3
  4. 4

    半日〜1日ほどそのまま陰干しし、オイルをレザーにしっかりと浸みこませる。最後にきれいな布で表面に残ったオイルを拭き取る。

    step4

起毛革クリーナー(ナイロンブラシまたはクリーナーバー)でお手入れする革

起毛革は汚れが起毛のあいだに入りこんでとどまりやすく、
また擦れやすい箇所はデニムのようなアタリができアジがでやすいレザーである。
しかし、この汚れをそのままにしておくと繊維の中に浸み込んでしまい、汚れが落ちにくくなってしまう。
こまめなブラッシングと汚れを付着しにくくする防水スプレーの使用がブーツを長持ちさせるコツである。

  1. 1

    軽い汚れやホコリは起毛革クリーナーのブラシで毛の間に詰まった汚れをかきだすように丁寧にブラッシングする。アイレットの下やウエルト部などの細部に詰まった汚れもブラッシングで払いとる。

    step1
  2. 2

    ブラッシングだけで落ちないようなしつこい汚れは、起毛革クリーナーのラバーでこすって落とす。

    step2
  3. 3

    ブラシで毛並みを起こすようにブラッシングしながら、ラバーのカスを毛の間からかきだす。

    step3
  4. 4

    仕上げに防水スプレーをまんべんなく吹き付ける。防水性が得られるとともに汚れがレザーに付着しにくくなる。

    step4

※ もともとオイルをほとんど含まないようなスエード(ラフアウト)レザーにオイルを塗ることは、
色が変わる、オイルと共に汚れが着く、手間もかかる、等の理由で通常は行わない。
また、このレザーは元々オイル分が少なく、比較的オイル補給の必要性が低い革でもある。
しかし、革である以上オイル補給の効果がある事には変わりはない。
変色(濃くなる)、汚れ・ムラ、手間などが気にならない場合は、
布にふくませたオイルをレザーの起毛面に押し付けて補給する事もお手入れの方法のひとつだ。