Heritage Work
Classic Work / 6" Moc-toe
STYLE NO. 8852

サイズ換算表

※商品によってサイズの構成が違いますのでご注意ください。

Classic Work / Moc Toe


1960 年の#875 の広告

1952 年にレッド・ウィング社が発売した 8 インチ丈のブーツ、#877 は、その後のアメリカのワークブーツのスタイルを大きく変えるブーツとなった。

当初はハンティングブーツとして開発されたこのブーツは、厚くクッション性に富み、底の平らな白いソール(靴底)を男性用の靴に始めて使った、という意味で画期的であった。

このソールは、本来、ハンティングの際に靴底に泥がへばりつくのを防ぎ、獲物に気づかれないよう静かに歩くためであったのだが、建築現場の高所の梁の上でカカトを引っ掛ける心配がなく、快適で足が疲れない、という理由で、たちまちワーカー達の間で評判になった。

数年後には、6 インチ丈の#875 を始めとする数多くのバリエーションが登場し、様々な型の厚くて白い底の平らなソール(今日のトラクショントレッド・ソール)のブーツが全米のワークブーツ市場をにぎわせた。

6 インチ 丈の #875、8 インチ 丈の#877 はアメリカを代表するワークブーツとなり、そのクラシックなスタイルをなんら変えることなく、今日まで続くロングセラーとなっている。