Classic Dress
Caverly Chukka
STYLE NO. 9095

サイズ換算表

※商品によってサイズの構成が違いますのでご注意ください。

Caverly Chukka


1928年のレッド・ウィング社
カタログ掲載のグロコードソール

クラシック・ドレス・ラインは、レッド・ウィング社の創業期、20世紀前半の靴をベースに、今日のレッド・ウィングの靴づくり、素材、テイストをミックスさせてつくられたものである。
レッド・ウィング社は、1905年、開拓期のミネソタで創業した。当時の靴は、ワークブーツやハンティングブーツといったヘビーデューティーな用途の靴でさえ、多くがレザーソールであり、ドレスシューズとの違いが明確でなかった。そんな環境で履かれていた靴をベースにしているため、クラシック・ドレスとはいっても今日のドレスシューズとは異なり、どこかワークブーツにも通じる姿をしている。キャバリーチャッカは、そうしたレッド・ウィングのクラシック・ドレスらしさを、くるぶし丈のチャッカブーツに落とし込んだものである。

キャバリーチャッカは、新たに開発されたグロコード・メダリオン・ソールを採用している。グロコードソールはオハイオ州のリマ・コード・ソール&ヒール社が1920年代にレッド・ウィング社のために開発したラバー製のソールである。コード(紐)の切れ端をラバーに混ぜて成型しすべりを防いだ事で、ワークの現場やハンティングのフィールドでの靴の性能を高め、レッド・ウィング社の売り上げに大きく貢献した。グロコードソールの名を今日の市場に呼び戻すに当たり、 1920年代後半に主流であったトレッドパターンを取り入れ、このソールの全盛期の雰囲気を漂わせるクラシックな靴に映えるよう、ラバーの半張りをプリセットしたレザーソールとした。