Red Wing Shoes

Old Outdoor
1930s Sport Boot
STYLE NO. 8075

サイズ換算表

※商品によってサイズの構成が違いますのでご注意ください。

1930s SPORT BOOTS


1920年代中頃に登場したと思われる、モカシンタイプのつま先を持つアウトドア志向の6インチ丈ブーツ

1920年あたりを境にアメリカの実用靴にラバー製のソールが広く使われるようになり、ソールの機能性が格段に高まった。ラバーのソールを形成する際にコードなどの素材を入れて底面を滑りにくくしたり、ソール底面に凹凸をつくりグリップを良くする事などができるようになったのである。それ以前の主流ソール素材であるレザーでは得られなかった機能を加えられるようになり、アメリカのワーク、アウトドア用の靴は急速に進化を始める。
ソールの機能の高まりと共に、20〜30年代にはアッパーの新たなデザインも積極的に取り入れられるようになった。エンジニアブーツのような新たなプルオンブーツや、ロガーブーツに見られるような独特のヒール、ラインマンにあるようなつま先あたりまで続くシューレースなどが1930年代に登場し、現在のワークブーツのデザインができ始めるのも、こうした流れの中であった。
現在、レッド・ウィングに不可欠なデザイン要素となっているモックトゥも、この時代に取り入れられたディテールである。甲を上から吊り込んで底付けするグッドイヤーウエルト製法と、革を逆に底面から形成しバンプの上でU字型のパーツと縫い合わせて袋状にするインディアンモカシンの製法は本来、逆の発想から来る全く異なったものであるが、レッド・ウィング社が最初に作ったモカシンタイプの靴は、グッドイヤーウエルト製法にモカシンのつま先のU字型のステッチをデザイン要素として取り入れた「飾りモカ」であった。草原で野生動物を狩るインディアンのイメージからか、モックトゥは主にアウトドアタイプの靴に使われていた。後年、ハンティングブーツとして開発されたアイリッシュセッターがモックトゥであったのも、この理由からであると推測できる。
FW2019シーズンの新商品、1930s Sport Boot (スポーツ・ブーツ)は、このレッド・ウィングがモックトゥを採用し始めた時代の、アウトドア志向の6インチブーツを下敷きにして開発された。
U型のステッチを配した飾りモカのアッパーは、レッド・ウィングで最も古くから使われているオーソドックスなラウンドトゥ用「8番ラスト」で吊り込まれている。当時のモックトゥはラウンドトゥ用のラストで吊り込まれていたのだ。つま先は先芯を入れないフラットボックス仕様。これも当時のモックトゥの靴の仕様として一般的なものであった。インディアンモカシンのように柔らかくて革の馴染みの良い、つまりは履きやすい事が、モックトゥが使われるアウトドア志向の靴にとって重要な要素だったのである。ソールには当時、アメリカはもちろん世界でも最もグリップの良いラバー製靴底であったと思われる、グロコード「キングB」を使用。
今回の新商品、1930s スポーツ・ブーツでは、他の部分にもこの時代のレッド・ウィングに存在したディテールを取り入れた。当時の一部のブーツに見られたRの大きな曲線的な羽根先と、ヒールから羽根先につながるカウンターステッチである。
このように1920〜30年代当時の、つまりは80〜90年近く前のレッド・ウィングをベースとしたブーツが現代の感覚から見ても古臭く感じられない事は、アメリカの靴のデザインの多くがこの時代に完成され、それ以上変える必要のないものとなったことを物語っている。