Service Shoe / Work Oxford
Postman
STYLE NO. 9101

サイズ換算表

※商品によってサイズの構成が違いますのでご注意ください。

Postman


St. Paul, Minnesota, USA

1954年、レッド・ウィング社が「ポリスマンとポストマンのために」として発売した、黒いドレスタイプのアッパーを持つサービスシュー(制服を着て働く人達に向けたワークシュー) #101 には、クッション性に富む、底の平らな黒いソールが使われていた。このソールはその2年前に、8インチ丈のブーツ#877に使われ、その機能性で大きな評判を得たトラクショントレッド・ソール(当時の名称はクッションクレープソール)のブラック版であった。

このソールのカカトのない平らな底と、適度なクッション性は、毎日重い鞄を肩から提げて、手紙を配達してまわるポストマンの日々の足の疲れを大いに軽減した。この機能により、#101は、USポスタルサービス(アメリカ郵便局)の指定靴となり、「ポストマン・シュー」と呼ばれるに至った。1958年には後に#9196に進化したチャッカタイプ#195と6インチ丈のブーツ、#102が加わり、3種類の丈が揃った。1970年にはブラウンのレザーを持つオックスフォードが「ポストマン」のラインナップに加わった。1960年には#101のアッパーが流麗なワンピースタイプに変更され、現在まで続くものとなった。
90年代、郵便局の指定靴がスニーカータイプのものに変わるまで、これらの靴はアメリカを代表するサービスシューのひとつとして、全米のポストマン達に愛用された。